Electric Bassとは

pedulla

エレクトリック・ベースという楽器は誕生してから、まだ70年も経っていない新しい楽器です。 しかし、現在の音楽シーンにおいては、必要不可欠のものなりました。もちろん、コントラバス(ウッドベース)も昔からなくてはならないものですが、昔とは反対にクラシック、ジャズ等とジャンルが固定されています。

音楽の中での役割はコントラバスと同じく、ルート(後述:やさしい音楽理論#04 参照)を指示することですが、現在では、リズム・パターンを提示することが多いようです。

昔ながらの、ルート、5thを弾くパターンは、意図的にシンプルなパターンを狙ったシーンが多いようです。

コントラバスでモータウン以降のようなシンコペーション、音数の多いフレーズを弾いても、効果は薄いでしょうが、まさに、エレクトリック・ベースならではのフレーズとなっています。
モータウン・レコードのベーシスト、ジェイムス・ジェマーソンなくしては現代のエレクトリック・ベースは語れないと思います。)

やはり、構造の変化が大いに影響していると思われます。

コントラバスよりスケール(弦長)が短くなり、電気で音を出し、そしてなんといっても指板にフレットが取り付けられたことにより、正確な音程が簡単に出せるようになりました。
結果、コントラバスが主流だった時代より、複雑なフレーズや多様なテクニックが生まれました。
また、先祖返りとでもいうような、フレットのないフレットレス・ベースも登場しました。
現代のポピュラー音楽では、ベースが主役となっている曲も数多く聞かれます。

参考:クラッシック、ジャズでは2beat、4beat、Waltz(3/4)等が標準的なリズムで、
ルート(根音:和音の中心音)を示すのが、主な目的です。
現在の音楽では、8beat 、16beat、Half Time Shuffleなど、より複雑なリズムと音階を表現し、楽曲の”骨組み”となっています。
スラッピングタッピングなどの新しいテクニックも生まれました。

エレクトリック・べースはコントラバス、チェロ、ギターのテクニックを混在させて演奏されます。
つまり、現代のベーシストには黎明期より、より高度なことが要求されているのです。

しかし、やはりベースに要求されていることは、共演者に対し、正確なリズムと楽曲の進行を示すという基本的な事は昔とは変わっていません。
この基本を守りながら、アクティブな演奏を体現していかなければなりませんので、それなりのトレーニング、音楽的知識は必須となります。
前述の通り、昔のベーシストより「重要なパート」になっている訳です。

ドラム、パーカッションだけでも、ダンスをしたりできますが、
ベースが入ると、「ワクワク感」が出てきます。
これが、タイトルにつけた「音楽の骨格」なのです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。