Tuner : Guitar tunerの検証

Tuner の標準音にばらつきはあるか

現在では、クラッシックの方も使っているほど、演奏者には必需品の Tuner 。
正式名称は、ギター・チューナー。少数ですがベース用ものは、ベース・チューナーと言います。
管楽器用のチューナーもあります。

ところで、

このチューナーには、「個体や、メーカーによって標準音のバラツキはあるのでしょうか?」と、

私が参加しているF.B.のグループ。”ベーシスト bassist べーしすと”で話題になっています。
過去の経験では、KORGのチューナーは「わずかに高くチューニングされた」感じがしたので、そのように返信しました。

そこで、

ちゃんと検証すべきと思い、現在、私が所有しているチューナーをチェックしてみました。

残念なことに、(多分)一番人気のBOSS製品を持ってなかったのです…(1つくらい持っていると思っていました。別に、嫌っているわけではありません。)
あるものだけで、ご勘弁願います。

テスト方法

ベースの1弦、G の少し♭~ピッタリ~少し♯までペグを回してみました。

tuner 01:左から、Sonic Research ST-200、Zoom MS-60B、Zoom B1on

ST-200 は ±0.02 セントと高精度です。
Zoom の2製品は、エフェクターとアンプシミュレーターのようなもので、チューナーはオマケのようなものとと考えていますが、精度が低いのを覚悟していれば、十分使用できるのではないかと…

tuner 02 : クリップ・チューナー 左から SAMSON GT-20、 KORG AW-LT100B

本当は、全てのチューナーを同時にテストした動画にしたかったのですが、
カメラが一つしかないので、別々のムービーになってしまいました。

私は、現場のピアノ等の固定楽器のピッチを測り、それに合わせてチューニングしています。
ST-200はマイク入力がないので、GT-20のマイク入力でピアノを測って、ベースはST-200でチューニングしています。

チューナーの接続:D.I.まではなるべくシンプルにしたいので、直列に繋がないようにしています。ベーシストにとってのエフェクター #01 プリアンプ、ダイレクト・ボックス参照

評価は、皆さんにお任せしますが、

「現在のKORG製品は、素晴らしいです。特に、AW-LT100B は、ST-200とほぼ同じ動きでした。」

ご参考になれば幸いです。

BOSS製品がないのは、問題と思われますので、今後、投稿したいと思います。