やさしい音楽理論#06

ダイアトニック・コード(Diatonic chord)

メジャー・スケールの上にコードを作ると、このように7つのコードができます。
この7つのコードを、ダイアトニック・コードと言います。
4声で説明します。(3声の時は7thなしで考えてください。)

Diatonic chord

下のローマ数字で覚えてください。
ローマ数字のところに、そのKeyのスケールの音を入れれば
すべてのKeyに対応できます。
KeyがGなら

Diatonic chord of G

ⅠM7, ⅣM7, Ⅴ7この3つのコードを機能コードといいます。
(学校では、主要3和音と習いました。)
大事なコードなので名前もついています。

  • ⅠM7トニック
  • ⅣM7サブ・ドミナント
  • Ⅴ7ドミナント7th
    一般的にⅣはサブ・ドミ、Ⅴはドミナントと言います。

他のコードは代理コードと言います。
何の代理かというと、機能コードの代理です。
大雑把に言いますと、
「機能コードだけで曲は作れるのですが、代理コードを使うとよりクールになる。」
ってことです。

ダイアトニック・コードは覚えてください

  • Ⅰ、ⅣM7
  • 7
  • その他はm7,だだし♭5
    これだけです。

Chord とScale

何故ダイアトニック・コードを覚えてなければならないかと言いますと、
↑の譜面のKey=C のAm7と Key=G のAm7、
同じコードなので、コード・トーンだけでフレーズを作れば
Keyに無関係ですが、それ以外の音も使いたくなります。

アド・リブ、作曲やベースのフレーズを作るときに使える音は

  • コード・トーン
  • スケール
  • スケール以外の音
    です。
Diatonic chord ofC

Key=C で Am7 なので、、
コード・トーン=A,C,E,G
スケール=C,D,E,F,G,A,B
(A,C,E,Gはダブってる。)
スケール以外の音=C#,D#…となります。

Diatonic chord ofG

では、Key=G の Am7だと、
コード・トーン=A,C,E,G
スケール=G,A,B,C,D,E,F#
(Fは#です。)
スケール以外の音=G#…D#,F(ナチュラルのF。)

コード・トーン以外の音は変わってしまいます。
コードが分かっていても、
Keyが分からないと、変な音を弾いてしまいかねません。
*Keyの見つけ方は、メジャーとマイナー参照

そんな訳で、
「耳コピー」する時にはまずKeyを見つけましょう。
すると、スケールとダイアトニク・コードが分かります。
ずいぶんと楽になるでしょう。

現実にはダイアトニク・コード以外のコードも出てきます。
その話は、改めて!

まずは、ダイアトニック・コードを覚えましょう!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。